アクセス解析CGI

ドナー体験記

【ドナー登録の動機】

27 歳の誕生日を迎えるにあたって、自分が生きているときにやるべき事を 考えたのが始まりです。

【ドナー登録の不安】

ドナー登録する以前から、TVなどで骨髄提供に当たって リスクを負うのを知ってました。「もしかして、高度な障害の 後遺症が残ったりするのではないか?」という不安もありました。 結局、死に直面している患者さんの苦しみに比べれば、 自分の抱えている悩みはた大したことはないと考えました。

【移植可能の通知があって】

血液型(HLA)が適合する人がいる通知が来たときは、提供の意志が ハッキリ決まっていたので、「患者さんに喜んでもらえるな」と 思いました。

【提供同意の面接】

自分、親、姉、担当医の先生、ドナーコーディネータの方、立ち会いの先生で 最終同意の面接を行ないました。
ドナー・コーディネーターの方からは、最悪、致命的な事になる旨の説明を 受け、同時に、保険などの仕組みについての説明も受けました。

【家族の同意】

家族からは、はじめから賛成も反対もされてはいませんでした。
家族への相談は、ドナー登録を行うときに初めて行いました。
二次検査を行う頃から、家族の理解を十分得るために自分の考えや 患者や患者家族の思いについて話しました。

姉からは、リスクがあるのを理解しているか問われましたが、 最終的に家族の同意を得ることができました。

【骨髄採取の入院前】

検査のための採血や面談、健康診断などで、自分の時間が割かれました。
採血や健康診断が行える施設が近くにあったので、 まる1日、時間を取られたことはなかったです。

【骨髄採取の前日】

骨髄採取前日の10時に入院手続きを行いました。
骨髄採取担当の先生、麻酔の先生などから、明日の骨髄採取についての 説明がありました。

【骨髄採取の当日】

朝9時に手術室に入り、麻酔が効いた所から記憶が全く無いです。
骨髄採取は1時間位で終わったそうで、 麻酔から覚めたら自分の病室にいて、何人か人がいた事を覚えています。 眠たかったのでそのまま眠り、目が覚めたのは14時頃でした。

ベッドにあおむけに寝ていたのですが、腰に重い感じがありました。
体を左右にふると、腰にツッパリ/軽い痛みを感じました。
ツッパリ/軽い痛みを感じたときは無理に腰は動かしませんでした。

16時頃、ベッドから起き、自力でトイレに歩いて行きました。
ベッドで寝ている分には、腰に圧迫感があるくらいで痛みは有りませんでした。

腰の軽い痛みは骨髄採取1日目(当日)だけでした。それと、のどの痛みが 若干ありましたが、骨髄採取後2週間を境に痛みは治りました。

【骨髄採取の次の日】

腰にツッパリ感があるものの自由に歩く事ができました。
この日は無理をせず、ベッドでずっと本を読んでいました。

【社会復帰するまで】

腰のツッパリ感は骨髄採取後6日目には無くなっていました。
内場の場合、技術系の仕事なので、骨髄採取後4日目には社会復帰可能と 思いましたが、採取後6日目に会社に出ました。

腰は全く大丈夫でしたが、用心のため重い荷物の運搬など 腰に負担のあるような事は採取後2週間までは避けました。
採取した時の針の跡は、腰(ベルトの5センチ位下)に2箇所あります。
採取2ヶ月後に会社で旅行があったのですが、お風呂では誰も 気にしていませんでした。内場の骨髄採取の件を知っている友人も 「針の跡があるのは分かるけど全然目立たない」と言ってました。

【提供後の感想】

骨髄提供後、心地よい充実感があります。
患者さんの事は全く知らないながらも、その人に希望を与えれたことは 内場の人生にとって大きな思い出です。もしもう一度、骨髄移植の チャンスがめぐって来たなら、喜んで提供したいと思います。

たまに「自分を必要としている人はいないのではないか?」 と考えたりすることがあります。しかし、今は 「自分を必要としてくれる人がいたし、今後もいるかも知れない!」と 直接実感しています。

はじめは、骨髄提供は患者さん/患者家族の方々の事を思っての決意でした。
今回の骨髄提供を振り返ると、半分は患者さんのためでしたが 実は、もう半分は自分のためであったのではないかと思います。

普段では考えない自分や家族のことを考えました。
会社でも、自分しかできない仕事や大切な仕事を優先するように なりました。多くの人が移植後に充実感があるそうですが、 骨髄移植は自分では気付かない、自分自身に対しての大きな成果が あるのではないでしょうか?

【最後に】

KPWさんの WWW を見なかったら、体験談なんて書こうと思いませんでした。
機会を与えてもらったKPWさんに感謝しています。

受け入れ病院名は秘密で名前が出せないのが残念ですが、 受け入れの病院の担当の先生はじめ, 婦長さん, 看護婦さんの方々, ドナー・コーディネーターの長沼さん,徳部さん、博多祇園町の 献血ルームの方々には非常に親切にして頂きました。ありがとうございました。

受け入れ病院の方々や献血ルームの方々など、色々な人から 「ありがとうございます」との言葉を頂きました。
内場は、この「ありがとうございます」の言葉に、 患者や患者家族の方への暖かい思いやりの心を感じ、非常に感動しました。
これからも、この暖かい心の和に多くの人が加わって頂くことを信じ、 より多くの命が救われることをお祈ります。
投稿者のメールアドレスは、こちらになります。問い合わせや感想がございましたら、お寄せ下さい。

掲載されている文章・写真・図表などは、原作者の許諾を得て掲載しております。
無断での転載を禁じます。
このサイトは、チーズとチーズケーキの専門店、オーダーチーズ・ドットコムと、フランス・ボルドーより、ビンテージワインの直輸入販売を行なうオールドビンテージ・ドットコム、フラワー電報のボックスフラワー電報胡蝶蘭 贈答,により運営されております。