アクセス解析CGI

ドナー体験記

Papa like Chineseの骨髄提供

〜世の役に立てばと日記を書きました〜
日本語は弱いのでご勘弁願います・・。

1.自己紹介

妻子あり3人家族です。
本人は我が道を行くタイプであり、人助けを好む、超楽観的主義者です

2.バンク登録のキッカケ

当人は献血常習犯であります。
毎月、2回程度成分献血を日課にしてたんですね。
5月の献血帰りに廊下で電話している時に、偶然に据置きの「骨髄バンクに登録してください。・チャンス」の冊子を見たのです。
自宅に持ち帰り、何となく読み、献血の延長として登録しても良いかな?と思った。
その後、登録の機会が幾度もあったが、延び延びなってしまった。
結局、冊子を見てから2ヵ月後の7月に登録を決意。
妻にも当選する確率は低いと説明し、登録へ進む。

人助けをすれば、死後の地獄行きが無くなくなるかもと思い・・・

3.ドナー登録

ドナー登録平日に実施されるそうですので、休暇をとり、近くの献血センターへ行く。
骨髄説明用の部屋へ行き、色々説明やビデオを鑑賞して、書類にサインして終わり。
僕は深刻に考えることも無くサインしました。
そうそう、採血のこと忘れてたよ。
サインした後に10ccの採血を行います。
採血した血液は、HLA検査に使用されるらしい。
HLAとは白血球の型のことらしいです。
HLAが類似していれば、「ドナー」と「患者」の遠い昔に祖先がつながっていたかも知れないそうです。

4.HLA一致

登録後、2ヶ月した頃に、一通の通知書が参る。
内容は「HLAが一致した為、候補者の1人に選定されました」と・・・ビックリです。
自分と祖先がつながっていた可能性が高いヤツが居たなんて。
でも、候補者は数人居るらしいので、最終候補まで残らないだろうと思い、書類にサインし送付する。
後日は、お城に隣接した病院で担当医・コディネータから説明を受けて終わり。

5.最終同意

HLA一致から数日が過ぎ、何故だか最終候補者になってしまった僕・・・。
運が良いのだか悪いのだか分からないですね。
ここまで来たなら仕方ないと思い、最終同意することに決めたよ。
でも、難関が2つ待ち受けていたのですね。

「愛妻の反対」

妻がYESとなかなか言わないので、条件付きで許可を得る。
1)何時でもお金に余裕があれば旅行へ行くことを許可すること。
2)バンクから受け取る諸経費の一部を譲与すること。

「僕の両親の反対」

両親は何故他人のために体を犠牲にし、危険な行為をする必要があるのかと反対。
ちなみに、両親はお金のボランティアはしているが献血は一切してない。
僕は両親と反対の行為をしている。
それに、両親とは普段からケンカしていたので、説得する気持ちにもなれずにいた。
両親的には親が反対すれば、言うことを聞くだろうと思っていたはず。
しか〜し、本人は聞く耳持たず。
何故なら、最終同意には妻さえ承諾すれば、両親の反対は影響しないですね。
そのまま、強行突破しました。

数日が経過し、健康診断を終え、骨髄採取のみになる。
この時点では、採取時期は1月頃の予定でした。

6.予期せぬ事態

ある日、コディネータから連絡があり。
患者容態が悪化したため11月に採取は可能ですか?
仕方ないと思い承諾したよ。
これも人助けですしね・・・。

7.骨髄採取前の準備

採取日の数週間前に術後用の自己血を2回に分けて採取する。
自己血は、術後の輸血に使用します。
骨髄と血液は同じです。
この日に、献血は当分出来なくなるな〜と寂しくなりました。
献血常習犯にはチト辛いですね。
一応、この時点で遺書を作成する(不慮の事態のために)
自己血採取後、体調管理万全で日々、数ヶ月先の骨髄採取を待つのみとなる。

8.ハプニング

採取日直前に、原因不明で40℃の熱を発症する。
熱は数日で下がったが、担当医に相談した結果、早期入院になる(反省)。
周囲の方々にご迷惑をかけ申し訳ない。

9.骨髄採取及びその後

骨髄採取は2005年11月に行いました。
採取当日は早めの起床。
9時前に、術着に着替えて、軽い麻酔を打たれて、術室へ移動する。
術室の無影灯を見た後に記憶なし。
昼前に目覚め、数時間後に妻子と再会する。
僕は麻酔醒めが早かったみたいです。
術部は全く痛まず、導尿管を入れた部分のみ痛む。
当日夕方に、導尿管抜いて、術部も痛まないので、院内を徘徊する。
僕って鈍感なのかな〜と実感する。

退院後も、体調万全で何事も無く本当に楽なものでしたが、妻子は心配した模様です。
後遺症が出ないかと・・・。

数ヶ月が過ぎた頃、両親から連絡がある。
両親「やっぱり骨髄提供は諦めたか」 
僕「もう提供したよ」
両親「・・・・・」

また、提供依頼がくればトライするので、早く来ないかな・・・。
早く来い来い、2度目のトライ

10.骨髄提供で得たもの

  • 人命を救え得る手助けが出来た
    (現時点で、患者が完全復活をしたことが不明ですので、手助けと表現しております)
  • 僕の身体の危険性を真剣に考える機会を得た
    (この様な機会は、長い人生で滅多に無いはず)
  • 遺書を作成する機会を得た
    (別に遺書を書く必要はなかったのですが、他界後のために、財産分与や葬儀のことを書きました)
    でもこれが、かなり深刻に考えたのね。
  • 人生の価値観が変った
    人生って気紛れだな〜と感じ、超楽観的主義へと変貌しました。

※掲載されている文章・写真・図表などは、原作者の許諾を得て掲載しております。
無断での転載を禁じます。
このサイトは、チーズとチーズケーキの専門店、オーダーチーズ・ドットコムと、フランス・ボルドーより、ビンテージワインの直輸入販売を行なうオールドビンテージ・ドットコム、フラワー電報のボックスフラワー電報により運営されております。